Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

リモートデスクトップの比較

Sigmarion3のリモートデスクトップ接続とe830WのTerminal Services Client
どちらもPDA上から遠隔地のパソコンをリモート操作出来る非常に便利なソフトですね。
ちなみにSigmarion3の液晶解像度は800×480、e830は640×480です。
写真をクリックすると原寸ピクセルで見れます。

1.Sigmarion3のリモートデスクトップ接続画面
20041205025327.jpg

2.e830WのTerminal Services Client画面
20041205025125.jpg

Sigmarion3ではデスクトップテーマも再現され、ほぼパソコン画面と同じですが、
e830Wではテーマは省かれています。
とはいえ実際の使用時にはテーマを省くことが多いのでこの点は問題無いか。

液晶がSigmarion3の方が横に長く、パソコンの画面を再現するには向いています。
またキーボードがあるため、入力するのにも向いていますね。
e830Wは写真では横画面ですが、縦画面でも使用でき、
超小型のTabletPCのような使い方が出来ます。
もちろん入力パネルを使って文字入力が可能です。
上下にバーが入ってしまい、若干表示領域が狭くなっているのがちと残念。
右クリックはe830Wの方がやりやすいです。

パソコン上のデータ確認が主ならe830W、改変等行うならSigmarion3、といったところでしょうか。
ただ、e830Wでは表示色数が少ないので、写真などを見るのは向かないですかね。

※e830WはReal VGA化しています。QVGAでは実用的では無いです。

Terminal Services Client

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。