Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

[Treo750]発話キーの活用

以前どっかの掲示板にも書いた気がしますが。
SortInchKeyを使って色々割り当てることが出来ます。
発話キーのキーコードは0x72。長押しには割り当てられなかった記憶アリ。

Defaultに動作を割り当てていて、電話としての発話キーの機能は残すには、
以下の記述をDATに入れておきます。
0x72, Both, Class=DesktopExplorerWindow, ,
0x72, Both, Title=Incoming Call, ,
0x72, Both, Title=Phone, ,

あとはアプリ毎に動作を指定していくわけで。
MTAPと組み合わせると大変便利です。
メーラーなどの左上のリストボックスを開いてみたり。
(例)0x72, Both, Class=Inbox.mainWnd, ¥Program Files¥MTAP¥MTAP.exe|1,
任意のキーコードも発行出来るのでOperaMini4.0をワンボタンで全画面にしたり。
(例)0x72, Both, Class=IBM-MIDP, D0x10+0x38+0x38+U0x10,
人それぞれ。

アクティブなアプリのTitle,Class,Process,Appli名を取得するツールも提供されています。
XiForeWindowInfo

SortInchKeyとMTAPは自分的に必須アプリになってます。作者の方に感謝です。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。